80-ニット/セーター-1-メンズ

イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー


イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー




イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー
model:0UGWA32032
当店通常価格11000円 (税込)
価格(税込)

毎週不定期に出品しています。よろしければフォローお願い致します。全商品一覧 #ぽんぽこ古着値下げ相談を含めてコメントお待ちしております。イタリア製3Dデザインニットサイズ L肩幅 50身幅 57着丈 65袖丈 60#ニット#セーター#3Dニット





イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー

松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー
疑問だらけのさいたま市役所移転 いろいろ質問しました
2月に清水市長がさいたま市役所を10年後を目途に浦和から新都心へ移転する考えを表明しました。
また、2021年度に移転を進めるための「基本構想」を作ることも明かされました。

5月23日投票で行われるさいたま市長選挙でも市庁舎移転が争点だと一部のマスコミでは書いています。
本当にそうでしょうか。

そもそもどうして市役所の移転をしなければならないのでしょうか。
今の場所で建て替えるのと別の場所に新しくつくるのとどちらがいいのでしょうか。

いま移転の議論をしなくてはならないのでしょうか。
市役所はできて45年。老朽化しつつありますが、耐震化工事は済んでいるので一刻を争ってなんとかしなくては、というほどではありません。

まして「コロナ禍のもとでそんなことやっている場合か」
という声も私たちのところには寄せられています。
確かに今はコロナ対策に市長も市役所職員も全力を挙げるべき時であることは間違いありません。

移転先には何ら課題はないのか。
隣の三菱マテリアルの放射性廃棄物は大丈夫なのか。
仮に市役所が移転したら、今の場所はどうするのか。

など疑問や課題は山積です。

といったことを最近の私の質問をもとに動画でまとめました。

ぜひご視聴いただき、ご意見お寄せください。


ジェンダー視点で校則の見直しを
時間が経ってしまいましたが、昨年12月議会文教委員会での校則に関する質問の報告です。

12月議会は全体ではコロナ対応が一番の議論になったわけですが、もちろん生活は続いているので、様々な要求・課題についても党市議団として取り上げています。
そのなかで私は今回、校則についてとりあげました。

昨年(2020年)9月議会でも校則についてちょっとだけとりあげたのですが、そのときに市教育委員会が
「『不合理な校則の見直しプロジェクト』を立ち上げた」という答弁をしました。

その時の市教委答弁は以下の通りです。

校則を定める理由は何か?
「小学校、中学校、学校種に応じて、やはり児童生徒の発達段階がかなり違ってきます。児童生徒に必要となる決まりをそれぞれの学校で定めているというふうに捉えております。

校則見直しのプロセスは?
「今年度(2020年度)なのですが、教育委員会のほうでは不合理な校則の見直しプロジェクトというものを立ち上げました。手続ということなのですが、校則につきましては、最終的には学校長が学校の責任において決めるわけですが、そこに至る過程では、児童生徒や保護者の意見を聞いたり、児童生徒の話し合う期間を設けたりして、教職員の話合いを経て見直しを図っているところでございます。また、先ほどの見直しプロジェクトにおいては、教育委員会といたしましては、そういった生活の決まりが形骸化することのないように、しっかりと見直しを図るように指示しております。」

国会では「校則の内容については学校を取り巻く社会環境や児童生徒の状況の変化に応じて、絶えず積極的に見直す必要がある」(2020年2月・萩生田文科大臣)という答弁もありました。
社会的にも「ブラック校則」として社会問題にもなってきたなかで、さいたま市も考えはじめたということでしょう。

ただ、この時は時間切れでほぼツッコミなしで終わってしまったので、12月議会で「続き」的な質問をしました。

質問内容を6分ほどの動画でまとめたので、ご覧ください。




以下は動画と被る内容ですが、質問と答弁を紹介します。

校則を決めることには色々な議論があります。
私は、もっと簡易な約束程度のもっとゆるくていい、という考えを持っていますが、市教委は必要だから決めているというスタンスです。
保護者の間でも意見は様々でしょう。

こうしたなかで校則を単に否定しても平行線になってしまうので、校則を定める理由をまずハッキリさせようと校則が必要な理由を質問しました
校則に関する認識の違いを明らかにして、今後の議論の土台にしたいと考えたからです。

答弁は以下の通りです。

「中学生になると行動範囲も広がり、加えて思春期という心の変化も迎えていく中で、反発心が高まったり問題行動などが表れやすく、また身なり等にも関心を持つようになってくるといった特徴が一般的に挙げられます。 そういった中で、問題行動への予防や対策、また規律や社会的ルールを学ぶ場として、子供たちの規範意識を育成していくことが重要になってまいります。そこで、中学生という時期には、頭髪あるいは服装等に関する一定の決まりが必要になる時期であるというふうに考えているところです。」

「校則は子供たちが健全な学校生活を営み、よりよく成長していくための行動の指針として必要となる決まりを、各学校において適切に判断し定めているものでございます。また、一律の基準があるものではなく、子供たちの実情、保護者や地域の皆様の考え方、あるいは社会通念などが反映されるものでございます。したがいまして、これらに応じて校則の内容や指導が適切なものとなるよう見直しをしていく必要があるというふうに捉えています。」

長くなってしまいましたが、市教委のスタンスが表れているので、紹介しました。

これに対し、私としては、中学生になったから、と校則であれこれ縛るのではなく、
「中学生になって発達段階が上がったからこそ、より自ら判断する力を育てていくことが必要。発達段階から言えば、より自分で選んでいく力を身に着けることの方が大事と考える」
ということを述べましたが、この辺の感覚のずれは大きいので繰り返しの議論が必要と感じています。

今後の校則見直しの方向性についても質問しました。
「不合理な校則」「社会通念などが反映」といってもその内容が定かでないため、2点ほど質しました。

一つは「ジェンダーの視点」です。
例として「女の子はスカート」、「髪型を男女別に決める」ということや「ルーツが様々な子どもがいるもとでの多様性の尊重」を指摘して
「ジェンダーの視点からは、あれこれ校則で決めてしまうのは問題がある。見直すべき点の一つではないか」と質問しました。

学校教育部長は「教育委員会としてもジェンダーや多様性を尊重することはとても大事なことだ考えいる。校則を見直すうえで十分に配慮する視点であるという認識で進めたい」と答弁しました。

おそらく「ジェンダーや多様性の尊重」の具体的中身について、学校現場では旧態依然とした実態がまだあります。

1月に予定されていた(中止になった)校外学習の保護者説明会に行ったとき、学校の様子を話した先生は「お母さん方」という呼びかけを何度もしていました。
私だけでなく、男性の保護者も何人かいましたし、家庭の事情によっては父母でない保護者の方もいることでしょう。

言葉の上で「尊重します」と表明するのは簡単ですが、そのことが組織として実際に共有されているのか、は別の問題だと思い知らされるできごとでした。

他にもジェンダーに関する相談がこの間、いくつか寄せられています。校則見直しの議論の中で認識がお互いに深まるよう努力したいと思います。

もう一つ質問したのは、「スクールセクハラや人権侵害につながる校則には効力がないと考えるか」ということです。
「校則を守らせる」ことが目的になって下着チェックや髪の染色強要などが全国で問題になっています。「校則見直し」のなかでかえって抑圧的になってしまってはならないという思いで質問しました。

答弁は「人権侵害あるいはスクールセクハラに結びつく校則の指導は報道を見て驚いた内容もあった。教育委員会としてはこのような指導は看過できない」というものでした。

聞いたこととずれた答弁にはなっていますが、「ダメだ」という認識は確認できたかなと思います。

ただ、これも学校現場でどうなっているか、についてはジェンダーの問題と同様、課題がまだあると思います。
特に「校則を守らせる指導」は文書にはあらわれてきません。問題と思うことや実態があれば情報をお寄せください。取り上げていきます。

今回の校則についての質問時間は、関係もあって、教育委員会の認識を確認する質問が主になってしまいました。
私自身は、いまのさいたま市立中学校は子どもたちを抑圧しすぎていると感じています。ギュウギュウ締め付け追い立てすぎていると感じています。

ジェンダー平等や子どもの権利といった近年、大きな社会課題となっている問題に学校教育が対応できていない現状が反映しているのではないでしょうか。

引き続き、子どもたちが自分らしく学校生活が送れる、子どもたち一人ひとりが尊重される教育環境づくりにとりくんでいきます。


イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー

クージー COOGI 3Dニットセーター 芸術 一点物 マルチカラー XL. 【美品】90s COOGI風 クージー ニット セーター 3D ヴィンテージ COOGI クージー 立体編みセーター 3Dニット オーストラリア製 ニット coogi ニット セーター 古着

2021年・今年もよろしくお願いします

イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー
イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー
イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー
イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージーイタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー
イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー
イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー
イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー
イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー 昨年はコロナ禍への対応が中心となった一年でした。
一昨年の台風被害に続いて、市民のみなさんにとっては厳しい状況が続いたことと思います。

そして残念ながら第3波のまっただなかで、いまだに感染のピークが見えていないなかで新年を迎えました。

そうしたなかではありますが、今年もよろしくお願いします。イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー
↑連れ合いが書いてくれました

さいたま市に対し、引き続きPCR検査対象の拡大や保健所体制の充実、医療機関支援、地域経済対策強化を求めていかなければなりません。

同時に、感染症は自治体の枠と関係なく広がることから、政府のとりくみが大きなカギを握るのは自明のことです。
にもかかわらず、政府が科学的な知見を横に置いてしまい、対策が後手にまわっていると感じずにはいられません。

しかもGoToキャンペーンを経済対策として行ってきたようですが、肝心の感染症対策の手を打ってこなかったなかで、もっとも経済に打撃を与える緊急事態宣言の議論をせざるを得ないところに来てしまっています。

科学的知見をおろそかにしないことと、感染症対策に全力をあげることこそが、暮らしと経済を守るうえで最も力になる道ではないかと思います。
今年は衆議院選挙もあります。日本共産党は野党共闘で政権交代をおこすことをめざしていますが、一番の特効薬になるよう頑張りたいと思います。


もちろん、国がやらないから、ではすまされません。
さいたま市もPCR検査対象が狭いことや、医療体制が薄いことなど問題が多くあります。
12月の議会でも他の自治体に見習って、検査対象を広げることや地域経済支援を強めるよう市議団として求めてきましたが、引き続き実現に向けてとりくみます。

さいたま市議団/12月議会*一般質問 コロナ禍のいま あたたかい支援を市民に
http://www.jcp-saitama.jp/report/general/toriumi/2654.html

そうしたなかで12月議会で党市議団が紹介議員となったさいたま市社会保障協議会の請願をきっかけに、市に対して「検査体制の拡充等を求める決議」を全会一致であげました。

積極的な提案をしつつ、党派を超えて一致点で市政を動かす、
という立場で今年もがんばります。

新型コロナウイルス感染症に関する検査体制の拡充等を求める決議
20年12月議会 新型コロナ検査体制拡充等求める決議

ちなみに今年は初日の出を新見沼大橋のうえで子どもたちとともに見に行きました。とても寒かったですが、晴れていて美しい日の出に感動しました。DSC_3045
プロフィール

★さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)★
くらし・福祉・子育て支援を最優先に!
子どもからお年寄りまで、誰もが安心してくらせるさいたま市へ!

Twitter @mtmr74

イタリア製 3Dニット セーター 立体 COOGI風 クージー

ギャラリー
最新記事
疑問だらけのさいたま市役所移転 いろいろ質問しました
ジェンダー視点で校則の見直しを 2021年・今年もよろしくお願いします 選択的夫婦別姓制度を早く! 私の体験から さいたま市 次の10年はコロナ禍ふまえた計画に これから10年のさいたま市 これまでどおりでいいの? 中学校部活動について外部指導者、救急搬送などなど質問 教科書採択 ホームページでの公開情報が拡大 学生支援を国に求める請願で賛成討論しました 少人数学級を子どもたちに!
アーカイブ
2021年02月
2021年01月
2020年11月
2020年10月 2020年08月 2020年03月 2020年02月 2020年01月 2019年12月 2019年10月 2019年08月 2019年06月 2019年05月 2019年04月 2019年03月 2018年12月 2018年11月 2018年10月 2018年06月 2018年03月 2018年01月 2017年12月 2017年11月 2017年09月 2017年07月 2017年06月 2017年05月 2017年01月 2016年12月 2016年11月 2016年10月 2016年09月 2016年07月 2016年06月 2016年05月 2016年04月 2016年03月 2016年02月 2016年01月 2015年12月 2015年11月 2015年10月 2015年09月 2015年08月 2015年07月 2015年06月 2015年05月 2015年04月 2015年03月 2015年02月 2015年01月 2014年12月 2014年11月 2014年10月 2014年09月 2014年07月 2014年06月 2014年05月 2014年04月
カテゴリー
ごあいさつ (10)
政策 (78) 相談が寄せられました (12) 実現しました (14) お知らせ (63) 日記 (88) 申し入れ (14) 議会質問 (43) 視察 (2) 議会 (34) 選挙 (10)
松村としお twitter
加川よしみつ 日本共産党さいたま市議 日本共産党さいたま市議団 日本共産党さいたま市議団ブログ 日本共産党埼玉県議会議員団 日本共産党埼玉県委員会 日本共産党中央委員会 伊藤岳の「かけある記」